コント 笑 脚本・戯曲集

一般人が趣味で考えたコントの設定等を載せます。          A:暴走 B:ツッコミ C:ローテンション D:話をややこしくする   と、一応キャラ(役)も分けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レジ戦争

 2月どころか3月も通り過ぎてしまった…。オンバトも終わってしまった……。ネタを見る機会がグングン減るなぁ………。

 A(客)はC(店員)のレジ、B(客)はD(店員)のレジに並んでいる。

B: …しかし混んでるなぁ。やっぱり途中の店に入った方が空いてたかもしれないな。

A: そうだな。混んでるのもそうだがお前のレジ選びが失敗だろう。
  わざわざ混みそうな方に並んでんじゃねーか。

B: 混みそうな方って何だよ。
  だいたい前に並んでる人数そっちの方が多いじゃねーか。先に終わるの絶対俺の方だろ。

A: 確かに並んでる人数はそっちの方が少ない。だがよく見てみろ!
  そっちに並んでいるのは…おばさんとお爺さんばかりだ!
  間違いなく1個1個の会計が遅くなる。
  対してこっちの列は若い人ばかり。そっちがもたついてる間に悠々とレジを済まさせてもらう。

B: 言い切ったな!じゃあそっちの列が人数差を覆せるか見せてもらおうじゃないか!

A: 見せてやるよ。
  なんならそっちの1番前にいるおばさんが会計してる間にこっちは全部終わるんじゃないか?

B: そんなわけないだろう。
  ……しかし、おばさん、買う物が多いな。なぜカゴ2つ分も買ってるんだ。
  ……くそ、あのおばさん、店員がレジ打ってる間にまったく金を払う準備をしない。
  やばい、このままでは追いつかれて

D: え!?お釣りいいんですか!?ありがとうございましたー。

A: な、なにぃ!おばさんが札を置くだけで済ませるだと!?

B: ははは!見誤ったな!全てのおばさんが遅いと思ったら大間違いだ!
  世の中には『お釣り拒否』という選択肢もあるんだ。

A: …たかが1人の会計が早くても無意味だ。そっちは年配ばかり。
  スムーズに列が流れるのは若い人の多いこっち側なことに変わりはない。

B: ……甘いな。確かに客の動きはこちらの方が遅いだろう。
  だが、レジの方をよく見てみろ!

A: なにぃ?……はっ、よく見たらこの店員『研修生』って書いてある!

B: レジの進みが遅いのは何も客が原因とは限らないのさ!

C: あんまん1つ?かしこまりました。……100円になり
  肉まんも追加?ましこまりました。……200円に
  おでん?はい、どれに

A: くそぅ!前の奴ら、バイト始めたての友人をからかう為にわざと二度手間の注文をしている!?

B: 勝負は分からなくなったようだな。
  しかし、向こうが遅くても、こっちの列が早くなるわけではない。
  なんだあのおばさんは。太極拳でもやってるかのように遅い!

A: くそぅ。こっちのレジも遅い、遅すぎる。
  『ほこ×たて』で動物相手に人間とばれずに動けるか挑戦したパフォーマーの如く遅い!

D: ありがとうございましたー。

B: 地獄を抜けた!
  最初の威勢はどうした!?こっちの残りはもうお爺さん1人だぞ!
  さすがに4人差は覆せまい!俺の勝ちは決まりだな。

D: そちらの年齢確認のボタンを押してください。
  ……申し訳ありませんが、お客様に押していただいておりまして……
  確かに20歳以上なのは見て分かるんですけども、

B: くそー!めんどくさい老害にぶち当たった!

A: 残念だったな!年齢のハンデはなにも動きだけじゃないんだぜ?

C: ありがとうございましたー。

B: なにぃっ!一気に3人もレジを抜けるだと!

A: 3人のうち2人はただ付き添ってただけのようだな!
  どうだ、頼みの綱だった人数差を一気に失った気分は!

C: …いえ、これ適当に押していまして。
  いえ、ホントに40代に見えたから押したわけではなく、
  そこまで厳密ではないと言いますか

A: なにぃ!こっちもレジの年齢ボタンで揉め始めただと!?

D: え?商品の追加ですか?

B: なにぃ!後ろに客がいるにもかかわらず別の商品を取りに行くだと!
  なんて勝手なジジイ!

A: どうやら時間のかかり具合ではやはりこっちが有利のようだな。
  こっちはなんだかんだで終わりそうだ。いよいよ俺の番が来るぞ。

B: ありがとうございました。

A: ジジイ結局買わずに帰るだと!?

B: 読み切れなかったようだな!会計をしないで抜けるという選択肢もあったようだぞ。
  これで完全なイーブンだな。

A: く、くそぅ…こうなったら、かくなる上は…
  袋いりません。テープでいいです。

B: 汚いぞ!袋に入れてもらえ!
  だいたいお前エロ本買ってんじゃねえか!むき出しのまま家まで帰るつもりか!?

A: なんとでも言え。俺は勝つためなら何だってする男だ。

B: たかが数秒の時間短縮のために死ぬ気か!?

A: なんとでも言うがいい!
  俺はお前より先に店を出られれば、あとのことはどうだっていいんだ。

B: あ、悪魔め……。
  くそぅ、こんな手段に出られてはもうどうしようもない……。
  とでも言うと思ったか?

A: なにぃ?この期に及んで策があるとでも言うのか?

B: どうして俺が、途中にあった店ではなくこっちを選んだと思う?
  こっちの店は、この時間になると不良が外にたむろし始めるんだ!
  そんなエロ本を掲げて店を出れば絡まれること必至!袋なしでは外に出られないんだよ!

A: はっ、しまった!そうか、このままでは店から出ることが出来ない。くそぅ失敗した……
  とでも言うと思ったか?

B: なにっ?
  ……ば、バカな!?いつもならこの曜日に外に集まってるハズの高校生が1人も来ない!?
  なぜ今日に限って!?

A: はっはっは!俺が何も知らないとでも思ったか?実は策を講じさせてもらった。
  ……この装置が何か分かるか?若者のたむろを防止するアレだ。

B: ま、まさか!モスキート音だと!?

A: その通りだ!俺はコンビニに入った時からずっとこの装置を作動させていたんだ。
  若者は俺の半径20メートルに留まる事が出来ない。
  だから列も早く進むし、ヤンキーもたむろしないし、この研修生は今とても辛そうだ。

B: やめてやれ!貴様、それが人間のすることか!

A: 勝ちゃあいいんだよ勝ちゃあ!
  じゃあ、お前が会計してる間に、俺は悠々とそのレジを通り過ぎさせてもらう。

B: (ピッ)
  レシート要りません。じゃっ!

 ダッ ウィーン

A: なにぃーーっ!!『Suica』だとーー!!

B: 残念だったな。現金払いという時点で、お前の負けは決まっていたんだよ。

A: ば、ばかな!俺の戦略は完璧だったハズ…!

B: お前は人を嵌めることに意識がいきすぎて、自分の効率が疎かになったようだな。
  …いいか、カードは最後まで取っておくもんだぜ。お先に。







































A: あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーー!!!






























    お゛の゛れ゛ぇ!!
    これで勝ったと思うなよ!!
    店員さん、やっぱ袋ください!!
    ……ありがとうございます!!


 ダッ ウィーン


C・D: ありがとうございましたー。












































C・D: 今日変な客しか来ねぇ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。